MENU

WiMAXって結局どのようなもの?

WiMAXとは、無線通信技術の規格のひとつです。
Wi−Fiよりも広いエリアで高速通信が可能な通信技術です。
日本ではUQコミュニケーションズや、MVNO(仮想移動体通信事業者)によって提供されています。
よくWiFiと勘違いされますが、WiFiは無線LANの規格のひとつであり、通信サービスではありません

 

要するに、外出先からインターネットなどにアクセスするための電波のひとつです。

 

UQコミュニケーションズがUQ WiMAXと謳っていたのですが、WiMAXと略されるようになりました。
WiMAXであれば、通信サービスのエリア内で高速通信をどこでも利用できます。
小型のルーターを使って通信接続するのが主流ですが、USB型や機器内蔵型もでてきました。
USB型はパソコンに接続するだけえWiMAXが使え、内蔵型はパソコンにすでにWiMAXが内蔵されているものです。
WiMAXはデータ通信に特化した通信サービスですから、音声通話のクオリティを考慮する必要がなく、高速モバイルデータ通信に適しています。
つまり、自宅でだけでなく、ルーターを外に持ち出せば、会社でも旅行先でも、データ量の多い動画サイトを閲覧することも可能です。

 

旅行先や自宅の両方でのインターネット接続に向いているので、たくさんインターネットをする人たちには非常に重宝するものといえます。
WiMAXが使えるエリアはどんどん広がっており、インターネット利用者には便利になってきています。